<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

努力はしている!

明日は19時~25時までらぐほ~だいなRO。
しれっといつのまにからぐほーだいの時間帯が伸びて、30日は19時~26時とまたさらに1時間延びてます。
過去にはまるまる一日らぐほーだい期間もあれば、GVやTEに合わせただけの短時間もあったりとバラバラなのでらぐほーだいにINする予定の人は定期的にチェックが必要です。
さて、そんならぐほーだい期間中にINした場合何をすべきかというと、現在最新のパッチである「七王家とユミルの心臓」であるクエを進めてみるのはいかがでしょうか。
f0024889_22414898.jpg
ファイナルファンタジータクティクスのお家の人達っぽい人や。
f0024889_22413985.jpg
ファルコム作品だと裏切ってラスボスになりそうな人達に会えます。
他にも5つほどなんだかかかわると面倒臭そうなお家騒動物語です。
そしてメインとなるクエからサブとなるクエまでそこそこの数があり、クリアすることで「王家貢献の証」というアイテムをもらえて、それを使用しエンチャすることでC差しのV盾っぽいものを作れたりします。
…がメインを1個終わらせただけだと証は40個で、エンチャするには100~250個+複数必要なのでサブクエもまわったり、CCしてメイン周回したり、メモDで討伐対象を倒す事でももらえたりするので色々周ってみるといいです。
と言いたい所ですがきっと全部やろうとすると、知り合いに遭遇して話し込むと時間が全然足りなくなったりします。
なのでそんな時は来週の日曜日27日もらぐほーだいなので安心して下さい!
と広報担当でもないのに広報担当っぽいお仕事をしてしまいました。

これだけだとただの公式ブログのまわしもの扱いされそうなのでやっとここから私事。
f0024889_22415748.jpg
新しく実装されたゾンビガードカードが欲しくてリベリオンで回ってると初めて噂の邪念装備がでました。
ハンドガンに魔法ダメアップとか謎のオプションも付いたりするので実用可能なのを入手するにはかなり頑張らないといけないのですが、この邪念装備。
精錬値の上昇が2乗計算で欲しいオプションの装備を発掘しても安全圏内だと通常の精錬よりも性能が低くなるので過剰も必須というなかなかの鬼畜仕様です。
けどこういったハクスラ要素、ROだとテレポートイヤリングエンチャやコンシューマーゲームだとモンハンのお守り堀り、最近だとソードアート・オンラインホロウ・リアリゼレーションの邪神装備選別発掘といった作業は割と好きなので大歓迎といった所ですが、この邪念装備はたして性能的に見て実用的かと言われると…。
うーん…。
ついでにTOSはと言うと「ケッピー軍団襲来!」のイベントは重大な問題が確認されたので中止とさせていただきます。
となってました。

[PR]
by teresa-emotion | 2016-11-19 23:46 | 日常 | Comments(0)

魔女の祭祀帽[1]を躊躇せず凛々しい顔つきでかぶるライトニングさんかわいい 「コレ強いから。」

ROを起動中はGoogle Chromeで新しいタブが真っ黒になり表示できなくなってたRO。
ついでに現在開いてるページの方は別のサイトへ移動しなければそのサイト内での利用は可能。
という謎仕様になってしまいました。
なのでRO起動中にクエのカンニングをしようといった場合だと、RO起動前に開いてたら利用可能で起動後だと一度ROを落としてからでないと開けないという非常に手間がかかる事に。
そして今回実装されたのはそういえばあったな事件である名無しクエの王様関係のお話。
時系列としては魔王モロク討伐後となってますが実は狭間での魔王モロクMVP退治をした事もなく、メモリアルダンジョンの魔神殿でのモロクも一度も倒した事がないのですが、いつのまにか倒した事になって話はトントン拍子で進み英雄扱いされるので心苦しい次第です。
本当の姿は拘束の異名を持ち重力を自在に操る高貴なるたまり場警備員というのは内密に話は進んでいきます。
新しく実装されたマップやメモリアルダンジョンに入るには行ったり来たりでちょっと長めのクエを進める必要があり、初回時にはなんだかんだで文字を読んだりしてたら1時間近くたってましたが無事侵入する事ができました。
f0024889_07225197.jpg
エンター連打で速度上昇系を持ってるキャラだと時間を短縮できそうですが、肝心の狩り場が倒すたびにどんどん敵が増えていき囲まれる前提の戦いを強いられるので、私の持ちキャラだとサクイ型のRGや羅刹型の修羅とかだと行く機会は少なそうです。
一方で今回行ったリベリオンだと相性は良く、メカやDB型のRKやジェネ等でも行けると思いますが、黒羽爆破のレンジャーや素殴り珍さんでは厳しそうです。
そしてこの今回増える謎の敵はなぜかよほど湿気が嫌いなのか
f0024889_07230157.jpg
除湿剤と動く黒い物質というまた謎の品を大量にドロップするので拾うのもなかなか面倒なのですが、NPCに売ってみると安かった。
他にもメモリアルダンジョンいくつか実装されてるのですが、ソロだとなかなか厳しいものがあるので人を募って挑戦しないとと思いつつも、接続人数が前は500人前後だったのが300人前後になってるという現実の壁が立ちはだかるのでした。

[PR]
by teresa-emotion | 2016-11-12 07:59 | 日常 | Comments(0)

飛ぶのわかって昇竜仕込んでおくぐらいバレてます

ハロウィンイベントということで今回魔女っこ3人をプロデュースのRO。
魔女っこというと最近では東北の方でマンドレイクを引き抜いて田舎生活を満喫したり、ヨーロッパの方でほうきではなく砲台にまたがって空を飛んだり、足にプロペラ付けたりと世界各地でやりたい放題してますが終わってみれば良かったと言える人気枠…なのできっとROの中でも人気枠!
だと信じたい気持のままイベントを進めてます。
f0024889_02222660.jpg
…が最初はレッスンを行うにはソウルというものが消費され、1回にできる回数は限られてるのですが、候補が3人もいるということで万遍なくやってましたが、一向に今回のイベントの品神秘の魔女帽が手に入らないので一人に絞った結果やっと入手することができました。
スタンプラリー的な読み物の今回のイベントは初回は楽しめて、その他のキャラでの消化モードの場合はすぐ終わるで割と良心的なイベントでした。
来週にはいよいよ久々ともいえるパッチが来て新しいマップにダンジョンときっと盛りだくさんなので本気は来週から出す!
なんて言ってたらもう11月でした。
早い!そして私にとっては毎年恒例でいつもこの時期になると風邪の初期症状状態がずっと長引く期間でつらい時期です。

TOSの方でもハロウィンイベントということで限定イベントダンジョンに入れるのですが…こちらはLV差補正がゲームのシステム上かなり重要でLVが20程差が付くと一撃で即死や4割という中、調整がうまくできてないのか自動検索マッチングした場合LV差が40付いたり、そもそも入った瞬間落ちるや入って特定のスキルを使うと落ちるといった相変わらず不具合三昧です。
一応後日緊急メンテが入り修正はされましたがやはりもやっとしたゲームです。
それでも続けた結果無事G作成ができるテンプラーという職に無事なれて本腰を入れてやろうと思えばG運営ができる、というスタート地点に無事付けたので個人的にはそれでもう満足してしまってる感がでてます。
欲をいうならROでもおなじみの製薬ができるアルケミスト作成をしたい所ですがこのゲームを引き継ぎ強くてニューゲームができるとはいえもう1周ですか…。

話をRO→TOSとしてまたROに戻しますが、数年ぶりにとある人と再会しました。
f0024889_02074572.jpg
昔のスクエニの話、KOFといった格ゲーの話、アニメの話など色々な方向へと次々と話題はとんでいきました。
年単位という間隔が空いた中でものすごく長く話(チャット)ができた事に懐かしさとうれしさが入り混じって時間はあっという間でした。
その中でアニメ化されたライトノベルの「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の話題になりましたが、この作品内容を簡単にまとめると
現実とゲームとの区別ができないヒロインを主人公や周りの人たちが更生させるというお話です。
この現実とゲームの区別ができないというのは問題なのですが、長くゲームをしてるとゲームとリアルとで共感共通できるものもあったりします。
例えば
RPGをやってると森の中の遊歩道とかお散歩してると景色がよくポツンとベンチが置いてるだけだけど、なんか宝箱設置されてそう。とか
レースゲームやってると実際のレース会場となってた場所よく出てくる鈴鹿等にちょっとした感動を覚えたり。とか
祝日に高速を乗ってドライブする時に混雑しそうなタイミングや降りる場所を考えそして読みをして格ゲーである読み合いが発生してる!?とか。
ありますが、ネットゲームではモニターの向こうに当然人がプレイしてるので対人関係というのも発生します。
この対人関係というのはゲームとしてのと、現実でのというのは違いはありますが、必ず発生する共通部分です。
全く関係のない出来事が現実でおきた時、ふとした瞬間そういえばこんな感じの出来事ゲーム内でもあった、こういう時あの人はこんな事を感じてた考えてたのかなと考えさせられる場面というのもあるかもしれません。
そんな時そこから実際に行動に移せるというのはもしかしたら、過去にゲーム内でそういう出来事があったからなのかもしれません。
色々な経験をし自分にとってプラスの出来事から大きくマイナスとなる出来事もあるなか、その大きなマイナスとなる事があった中からプラスとなるものを得たというのであれば結果的には自分へプラスとなる出来事でそういった体験ができたゲームという存在は悪くないのかもしれません。
マイナスという出来事からの一歩踏み出すための原動力への変換。
そう簡単にできる事ではないので私も見習わないといけません。
その一歩が特に難しいのだから。

[PR]
by teresa-emotion | 2016-11-05 04:02 | 日常 | Comments(0)

オンラインゲーム、日常での日記を気が向いた時にだらだらと。


by teresa-emotion
プロフィールを見る
画像一覧